Column家づくりコラム

NO.100【トモスマハウス】性能の低い家に住むデメリット・健康被害【堺市・和泉市・泉大津市・高石市の新築注文住宅】

新築注文住宅をお考えの皆様こんにちは。

堺市・和泉市・泉大津市・高石市の新築注文住宅トモスマハウスです。

近年では「住宅」と「健康」に関して注目されるようになってきました。
福井で性能の低い新築住宅・注文住宅に住むとどのような健康被害があるのか紹介していきます。

 

性能の低い家に住むデメリット

健康被害

【堺市・和泉市・泉大津市・高石市・新築注文住宅】

 

堺市・和泉市・泉大津市・高石市で高気密高断熱の新築注文住宅の性能が低いと起きる
健康被害はヒートショック、アレルギーや喘息といった健康被害が考えられます。

 

こういった健康被害は堺市・和泉市・泉大津市・高石市で
高気密高断熱の新築注文住宅の断熱性や、気密性に深く関係しています。
実際ヒートショックが原因で亡くなる方というのは何人くらいいると思いますか?

 

実は1万7000人以上います。交通事故で亡くなる方の5倍いるのが今の現状です。
外に出ているよりも家の中にいた方が死亡のリスクは高いのです。
それだけ日本の住宅というのは性能が低いという事です。

 

また堺市・和泉市・泉大津市・高石市で新築注文住宅を建てても
結露が原因で発生するカビによってアレルギー症状や、喘息といった症状が考えられます。
こういった健康被害を防ぐために堺市・和泉市・泉大津市・高石市で高性能住宅の新築注文住宅を建てましょう。
高性能な新築注文住宅に大切になってくるのが「高断熱」と「高気密」です。

 

堺市・和泉市・泉大津市・高石市で新築住宅・注文住宅をお考えの方
高性能住宅について聞きたい方
満足のいく暖かい家づくりをしたい方
話を聞いてみたい方は是非トモスマハウスまで!!

家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop